鶴見済さん情報2018

☆過去の執筆記事・対談・インタビューなどの一覧はこちら

2018-12-26

季刊『社会運動』2019年1月号(1/15発売)が0円生活を大特集! 鶴見済さんへのインタビュー「シェアリングエコノミーと互酬の世界の仕組み」のほか、「くにたち0円ショップ」や「くるくるひろば」などがレポートされています。HPで一部読めます

2018-12-6

フランスの無料月刊誌『ZOOM JAPON』第86号に0円ショップを取材した記事「Une nouvelle vision des echanges」が掲載されています。文中に「TSURUMI Wataru」が何度も出てきて、鶴見さんの大きな写真もあるのにフランス語だから読めない!

2018-10-27

鶴見済さんプレゼンツ☆2018年11月9日(金)「不適応者の居場所」@高円寺 素人の乱12号店開催☆

鶴見済‏ @wtsurumi10月18日
日頃つながりをなくしがちな人が、集まって駄弁る会をやります。つながりがなくて何かつまらんという人が、出会わずにいるのはもったいない。飲み食いして話すだけ。会ったことない人大歓迎。ぶらっとお越しを。 11/9(金)18:30~ 高円寺にて 詳細はブログを。

詳しくはつながりをなくしがちな人の会やります(tsurumi's text)を参照

2018-10-19(2)

『0円で生きる』の著者・鶴見済さんをAbemaPrimeが特集!

2018年10月19日放送「大切なモノ取り戻す!0円生活のすゝめ」

2018年10月20日(土)21:00までAbemaPrimeで無料視聴できます。特集は20:45あたりから始まります。

[追記]2018-10-20

AbemaPrime2018年10月19日放送「大切なモノを取り戻す!お金をかけない"0円生活"とは?」をAbemaビデオで見られます。無料視聴期間は約1ヶ月です。特集のダイジェスト記事はこちら

2018-10-19(1)

(1)2018年10月19日(金)21:00~23:00のAbemaPrimeに鶴見済さんが出演します。放送終了後22時間は無料で視聴できます。

鶴見済‏ @wtsurumi10月18日
明日Abema Primeという番組に出て、0円生活について話すことになっている。 abema.tv/channels/abema-news/slots/AkyZ52xuwMer95

(2)『むすび』2018年11月号に鶴見済さんのインタビューが掲載☆

鶴見済‏ @wtsurumi10月16日
マクロビの雑誌『むすび』の佐々木典士さんのインタビュー連載で取り上げてもらった。0円ショップや、環境に興味を持つようになった経緯など。おすすめの一冊はメーテルリンクの『花の知恵』(⇐非常にいい本)。
2018-9-6

2018年9月27日(木)に神保町のブックカフェ二十世紀で鶴見済さんと櫨畑敦子さんのトークイベントがあります。

■9月27日(木)
〈ふつう〉じゃなくても全然大丈夫!な生き方
『ふつうの非婚出産』(イースト・プレス)刊行記念トークイベント
櫨畑敦子(シングルマザー、労働者兼養育者)×鶴見済(フリーライター)
19:00~20:30
参加費:1,500円(1ドリンク付き)

神保町ブックカフェ「二十世紀」 より。


2018-8-22

2018年9月22日(土)に名古屋のサンサロ*サロンで鶴見済さんと櫨畑敦子さんのトークイベントがあります。

コミュ力低い人間でもアクセスしやすい、広くてゆるくて弱いままつながれる場がこれからの時代には絶対必要!
そんな関係性の中で、お金がなくても豊かな生活をして出産・子育てもする!
DIYなコミュニティづくりを日々実践している、はじはたさんと鶴見さんをゲストに招いてのトークイベントです。

2018年9月22日(土曜)
◆(13:30開場)14:00-16:00 櫨畑敦子×鶴見済トーク
◆16:00-18:00 サンサロ*トーク居酒屋
於:ナゴヤ駅西 サンサロ*サロン(名古屋駅から徒歩10分)
  http://sansaro.jimdo.com/アクセス/
◆参加費:1000円+1drinkオーダー

トークイベントのお知らせ☆「0円で生きる」「ふつうの非婚出産」 : ナゴヤ駅西 サンサロ*サロン より。

2018-8-21

2018年9月16日(日)に開催される「アースキャラバン東京 2018」で0円ショップと鶴見済さんのトークがあります。

国立駅近くで開催されている「0円ショップ」が木場公園に登場!誰かに譲りたい物を持ってきて参加もできます!売れ残ったら持ち帰るルール有り。 お話ブースでライターの鶴見済さんらショップメンバーのトークもあります。

アースキャラバン2018 東京【Earth Caravan:アースキャラバン】 より。

2018-8-15

ビーカイブで鶴見済さんの『0円で生きる』(新潮社、2017年)が紹介されています。
↓ ↓ ↓
0円で生きるには? | 本を中心としたニュースサイト「ビーカイブ」

2018-07-5

大原扁理さんの新刊『なるべく働きたくない人のためのお金の話』(百万年書房)が発売になりました。巻末対談:鶴見済×大原扁理「豊かさって何だろう?」が収録されています。

鶴見済‏ @wtsurumi 5月13日
大原扁理氏の新刊で対談してます。「貨幣のトンネル」(ⓒ未来食堂さん)を通すやり方と通さないやり方、お金を共有することなど、面白い放談になったと思う。それにしても告知が早い! www.amazon.co.jp/dp/4991022126

[追記]2018-7-20

鶴見済‏ @wtsurumi 7月19日
大原扁理氏の新刊、面白い。年収が下がってからのほうが気分が良くなって、他者への思いやりも出てくるところなんかは、特に考えさせられる。嫌な労働を減らせた方が幸せな人もいるので、年収だけで幸不幸は決まらない。自分も参加した対談も面白いので、ぜひ読んでほしい。

チェック!

(1)鶴見済×大原扁理×pha それぞれの生きづらさの脱出法@下北沢B&B(2015年12月)

(2)鶴見済×大原扁理×pha それぞれの幸福の自給自足法@下北沢B&B(2016年12月)

2018-6-3

1.つぶやきシローさんの連載「つぶやき読書」で鶴見済さんの『0円で生きる』(新潮社、2017年)が紹介されています。
↓ ↓ ↓
【第14回】つぶやきシローのつぶやき読書/結局生きるって地獄だね。 | ホンシェルジュ

2.鶴見済さんの公式音声サイトtsurumi's talkを読める化するtsurumi's yomeruに第13弾「世界フェアトレード・デー鼎談@アップリンク」を追加しました。鶴見さん、吉澤真満子さん(NPO法人APLA事務局長)、鈴木隆二さん(ぐらするーつ代表)のトークです。

2018-05-22

鶴見済さんの『脱資本主義宣言 グローバル経済が蝕む暮らし』(新潮社、2012年)が、2018年度明治大学法学部の自由講座(田中ひかる教授)で教科書になっています(春学期・秋学期共通)。秋学期の参考書には『0円で生きる 小さくても豊かな経済の作り方』(新潮社、2017年)が挙げられています。

1.授業の概要・到達目標
【概要】
日本における日常生活(衣食住)が世界各地で生産されるモノによって成り立っていることにより,「自分」の「豊かな」生活が「他者」の「貧しさ」や地球環境の破壊によって成り立っている,という事実,そのような生活を基礎づける思想・システム,さらにそれらを批判的に捉える議論およびそのような状況に対抗する実践を,歴史・社会・経済・政治という多様な側面から学ぶ。
【到達目標】
「世界」と「自分」との「つながり」を,日常生活に焦点を当てて,歴史・社会・経済。政治という多様な側面から説明することができるようになること。

5.教科書
鶴見済『脱資本主義宣言』(新潮社,2012年)。これ以外に関連する資料などを配布することがある。

6.参考書
・フランツ・ヴァンデルホフ(北野収訳)『貧しい人々のマニフェスト─フェアトレードの思想』(創成社,2016年)。
・鶴見済『0円で生きるー小さくても豊かな経済の作り方』(新潮社,2017年)。
・マーク・ボイル(吉田奈緒子訳)『無銭経済宣言ーお金を使わずに生きる方法』(紀伊國屋書店,2017年)

2018年度法学部シラバス(PDF版)P107より

チェック!

☆著者自身による『脱資本主義宣言』講義☆

(1)脱資本主義講座 第1部@ディクショナリー倶楽部 (2012年8月)

(2)日本の生きづらさ、脱資本主義@専修大学(2013年7月)

2018-05-18

『毎日新聞』2018年5月18日夕刊に「フリーライター鶴見済さん 貸したり借りたり 人間関係が豊かに」というインタビュー記事が掲載されています。毎日新聞HPで冒頭のみ無料で読めます。
↓ ↓ ↓
フリーライター・鶴見済さん 貸したり借りたり、人間関係が豊かに

2018-05-12

大原扁理さんの新刊『なるべく働きたくない人のためのお金の話 』(2018年7月発売予定)に鶴見済さんとの対談「豊かさって何だろう?」が収録されるようです。

チェック!

(1)鶴見済×大原扁理×pha「それぞれの生きづらさの脱出法」@下北沢B&B(2015年12月)

(2)鶴見済×大原扁理×pha「それぞれの幸福の自給自足法」@下北沢B&B(2016年12月)

2018-05-05

レイバーネットに大西赤人さんによる『0円で生きる―小さくても豊かな経済の作り方―』の書評が掲載されました。
↓ ↓ ↓
がんじがらめの資本主義からの脱出

鶴見済‏ @wtsurumi 5月4日
レイバーネットに、大西赤人氏による #0円で生きる の書評が。各章の解説の部分は苦労して書いたので、そこに着目していただけているのは嬉しい。自分はこの社会のなかに、オルタナティブな領域を広げていこうという立場だが。 がんじがらめの資本主義からの脱出  www.labornetjp.org/news/2018/0503hon
2018-4-29

2018年5月5日(土)に開催される「まつど0円マーケット」で鶴見済さんのトークイベントがあります。

今年のまつど0円マーケットはGWに!5月5日、まつど市民活動サポートセンターで開催します!絵本作家・山口マオさんによるお絵かきワークショップや「0円で生きる」の著者・鶴見済さんのトークがあります!pic.twitter.com/KSSNjcfOCZ

m0m@matsudo0market より。会場は、まつど市民活動サポートセンター(松戸市上矢切299-1)。0円マーケットは13時~16時、トークは14時30分からの予定です。

2018-4-19

中外日報に鶴見済さんのインタビューが掲載されています。
↓ ↓ ↓
ゼロ円で生きることを提唱するライター 鶴見済さん

鶴見済‏ @wtsurumi 4月18日
『中外日報』という仏教系の新聞で、『0円で生きる』と生きづらさについて話した。宗教の世界に残る巡礼者や貧者への施しなど、贈与や助け合いの習慣を見れば、資本主義的な価値観がすべてではなかったことがわかる。 ゼロ円で生きることを提唱するライター 鶴見済さん chugainippoh.co.jp/interviews/hot/20180411-001.html
鶴見済‏ @wtsurumi 4月18日
「命は大切ですが「命の重み重み」と言われ過ぎていて、自分としては人生をもっと軽く考えたい。…何もかもくだらないとか、どうでもいいと思ってしまった方が楽になる」。こんな自分の意見に注目してくれるのだから、仏教紙は懐が深い。実は仏教の考えに近いと思っているが。 chugainippoh.co.jp/interviews/hot/20180411-001.html

チェック!

(1)今年のインタビュー →→→ 『完全自殺マニュアル』著者の鶴見さんにインタビュー 「生きづらい」社会をどうするか(newStory)

(2)『完全自殺マニュアル』が発売された1993年のインタビュー →→→ 「強く生きろみたいな事ではなくて、生きるなんてどうせくだらないとか、そういうふうに考える事ができたら、少しは気楽に生きる事ができるんじゃないかと思ったんです」(鶴見済インタビュー「『いつでも死ねる』という選択肢が開き直りの気楽さを生む」『スコラ』1993年10月28日号)

『0円で生きる』写真館 2018-4-14


国会図書館は、「すべての出版物を納入する」と法律で義務付けられているため、蔵書数はもちろん日本一だ。貸し出しはできないが、古いマンガ雑誌まで保存しているので閲覧しているだけでも飽きない。音楽の在庫も豊富である。(鶴見済『0円で生きる』P164)

2018-4-13

MONEY PLUSに鶴見済さんのインタビューが掲載されています。
↓ ↓ ↓
生きにくい現代人の心のゆるめ方「0円で生きる」こととは?

[追記]2018-4-16 インタビューの後半が公開されました。
↓ ↓ ↓
老後の不安を減らす、貯金「以外」の方法は?

鶴見済‏ @wtsurumi 4月12日
「マネー・プラス」にインタビューが載った。これは前半。「資本主義のなかでは自分の利益の追求が第一になるので、相手から奪ったり、競争で負かしたりする空気が広まってきますが、それとはまるで違う」。

チェック!

インタビュアーの鈴木さや香さんは『散歩の達人』2018年4月号に「くにたち0円ショップに出店してみた」という記事を書いています。

2018-3-24

Yahoo!ニュース特集に鶴見済さんのインタビューが掲載されています。
↓ ↓ ↓
「0円生活」で居場所見つける 脱・お金依存の先にあるもの ←写真がカッコいい

鶴見済‏ @wtsurumi 3月23日
Yahoo!のインタビューに取り上げてもらった。『0円で生きる』を中心に、最近の言いたいことを広く網羅してくれていて、とてもいい記事になった。やっぱり「学校・会社・家庭」の話は出てきてしまう。 「0円生活」で居場所見つける 脱・お金依存の先にあるもの news.yahoo.co.jp/feature/919
2018-03-23

『散歩の達人』2018年4月号に鈴木さや香さんの体験記「くにたち0円ショップに出店してみた」が掲載されています。鶴見済さんの話も出てきます。

くにたち0円ショップ‏ @kunitachi0yen 2月12日
2月0円の主な出来事は、雑誌『散歩の達人』さんの取材+出店、遠方からの参加者などで寒いのに盛況、0円ホット甘酒、寝袋、スラムダンク全巻捌ける、あたり。個人的には、出品者ご本人が持て余していた大量の伊勢丹紙袋が意外に好評で、次々と貰われてなくなったのにグッときた。(T)
2018-03-21

週プレNEWSの連載「"本"人襲撃」に『0円で生きる―小さくても豊かな経済の作り方―』の鶴見済さんが登場しています。
↓ ↓ ↓
急速に浸透する「シェアリングエコノミー」という概念──「0円で豊かな生活」とは

鶴見済‏ @wtsurumi 3月20日
『週刊プレイボーイ』のインタビューがネットに掲載された。「お金があればあるほど豊かなはずなのに、0円でやればやるほど『こっちのほうが豊かなんじゃないの?』って思えてきます」。|急速に浸透する「シェアリングエコノミー」という概念──「0円で豊かな生活」とは wpb.shueisha.co.jp/2018/03/20/101632/
2018-3-19

3月18日にkosatenで行われた鶴見済さんのトークが公開されています。

その1Radio Kosaten - 0円ショップ アンチキャピタリズムの話など。半分ぐらい英語。

その2Radio Kosaten - 0円ショップ トーク本編は1:10:55あたりから☆

2018-3-8

『Tarzan』2018年2月22日号の「猿人図書館」コーナーで『0円で生きる―小さくても豊かな経済の作り方―』が紹介されました。以下、記事より。

「『完全自殺マニュアル』の著者の手によるお金に頼らず無料でできる社会生活の啓発本」
「野菜を育てて自然界の恵みをいただいたりと0円でできることを自身の体験や取材を通してかなり具体的に紹介」
2018-2-27

2018年3月18日(日)に0円ショップとトークイベントがあります。

3月18日(日)14:00-18:00 無料
くにたち0円ショップとは、国立駅南口で5年間、月1回やっている不要品の路上放出アクションです。5人ほどのメンバーを中心に、いらないものを道端に並べ、通行人にあげています。持ち寄り参加も自由なので、たくさんの人が常連になってきて、新たな街なかの居場所にもなっています。詳しくはTwitterのアカウント「くにたち0円ショップ@kunitachi0yen」を見てください。

参考:不要品放出市「0円ショップ」について 鶴見済さん原田由希子さんインタビュー
http://8bitnews.org/?p=6313

3月18日に特別に鶴見済さんはkosatenのほうで0円ショップを開催します。17時から0円ショップの活動についてのトークも行います。

0円ショップ | kosaten より。

チェック!

(1)デイリー新潮「並んでいる品物はすべて無料! 全国に広がる不要品放出市「0円ショップ」」

(2)鶴見済×江上賢一郎「0円ショップと贈与経済」

(3)地球B「ゼロ円ショップ」

2018-02-15

だめ連ラジオ「熱くレヴォリューション!」26回 前半(2017年だめ連忘年会)に鶴見済さんがゲスト出演しています。0円ショップや『0円で生きる―小さくても豊かな経済の作り方―』の話をしています。
↓ ↓ ↓
だめ連ラジオ「熱くレヴォリューション!」26回 前半 '17忘年会 - YouTube

2018-02-09

日刊サイゾーに上浦未来さんによる『0円で生きる―小さくても豊かな経済の作り方―』の書評が掲載されました。
↓ ↓ ↓
「カネ無し生活」のマニュアル本 - 日刊サイゾー

2018-02-07

ele-kingに鈴木孝弥さんによる『0円で生きる―小さくても豊かな経済の作り方―』の書評が掲載されました。
↓ ↓ ↓
0円で生きる――小さくても豊かな経済の作り方 - 鶴見済 | ele-king

ライターの鈴木孝弥氏@Suzuki_Koya が『0円で生きる』評を書いてくれた。この本が何であって何でないのかをよく見抜いておられる。0円であっても、企業の無料サービスなどは載っていない。自分たちの経済を作ることは、それだけで大きな意味があり、実は過激なことなのだ。 

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumiより

チェック!

鈴木さんは『ミュージック・マガジン』2012年9月号で『脱資本主義宣言―グローバル経済が蝕む暮らし―』の書評を書いています。

2018-01-27

『週刊現代』2018年2月3日号の「売れっ子ブックデザイナー・鈴木成一が手がけた「記憶に残る10冊」」という記事で『完全自殺マニュアル』が選ばれています。ちなみに鈴木さんは『装丁を語る。』(イースト・プレス、2010年)では『檻のなかのダンス』、『デザイン室』(イースト・プレス、2014年)では『完全自殺マニュアル』の装丁を解説しています。

チェック!

『完全自殺マニュアル』著者の鶴見さんにインタビュー 「生きづらい」社会をどうするか(newStory)

2018-1-26

ニッポン放送のラジオ「垣花正あなたとハッピー!」1月25日放送「中瀬ゆかりのブックソムリエ」で『0円で生きる―小さくても豊かな経済の作り方―』が紹介されました。放送から1週間以内であればradikoタイムフリーで聴くことができます(2018年1月25日放送パート2 01:05:15辺りから)。
↓ ↓ ↓
【ブックソムリエ♪】『0円で生きる―小さくても豊かな経済の作り方―』

☆ちょっとだけ紹介☆

垣花正さん「ほんとに取材力のある人で。あと時代の空気を読む人ですね」

中瀬ゆかりさん「せわしくお金を回してるっていうよりは、「ゆっくり豊かに」っていうようなことが裏テーマなのかなあという感じで。お金、お金と思ってましたけど、こういうの組み入れていったら「さらに豊かになるのかな」って気になってきました」

2018-1-25

『エコノミスト』2018年1月30日号の「話題の本」コーナーで『0円で生きる―小さくても豊かな経済の作り方―』が紹介されています。以下、記事より。

(前略)中古品を0円でもらう不用品放出市の活用術や、自宅にスイス人を6週間無料で泊めた際のルール作りなど、経験から語られる内容は説得力がある。贈与経済や私有制の成り立ちなどを考察したコラムも複数あり、お金に頼らないことの抜本的な意味についても考えさせてくれる。
2018-1-19

鶴見済さんの公式音声サイトtsurumi's talkを読める化するtsurumi's yomeruに第12弾「それぞれの幸福の自給自足法@下北沢B&B」(前半)を追加しました。鶴見さん、大原扁理さん(『年収90万円で東京ハッピーライフ』著者)、phaさん(『しないことリスト』著者)のトークです。B&Bの今年のイベント情報はこちらです。

[追記]2018-01-23

鶴見済さんの公式音声サイトtsurumi's talkを読める化するtsurumi's yomeruに第12弾「それぞれの幸福の自給自足法@下北沢B&B」(後半)を追加しました。

2018-01-17

newStoryに「『完全自殺マニュアル』著者の鶴見さんにインタビュー 「生きづらい」社会をどうするか」という記事が掲載されています。

鶴見済‏ @wtsurumi 1月17日
座間事件関連で「New Story」というインタビューサイトから、自殺についての取材を受けた。死にたい気持ちに対する説教のこと、『自殺マニュアル』のこと、日本特有の人間関係から来る生きづらさのことなど話している。

チェック!

(1)「死にたい」に対する謎の上から目線(tsurumi's text)

(2)著者自身が語る『完全自殺マニュアル』(1993年~1999年+ツイッター)

(3)『完全自殺マニュアル』はどう語られたか(1993年~2014年)

2018-01-07

Café★Lavanderíaで鶴見済×吉田奈緒子『0円で生きる』『無銭経済宣言』刊行記念トークが開催されます。

日時:2018年1月20日(土)18:30~
会場:Café★Lavandería 東京都新宿区新宿2-12-9 広洋舎ビル1F
入場無料(投げ銭制+1ドリンクオーダー)

20日(土)18:30~、新宿Cafe★ラバンデリアで、『0円で生きる』とマーク・ボイル著『無銭経済宣言』の刊行記念トークイベントを、ボイルの本の翻訳者・吉田奈緒子さんとやります。日英の無銭経済実践法など色々話す予定。入場無料(投げ銭制+1ドリンクオーダー)。吉田さんのユニットの演奏付き。

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumiより

チェック!

(1)鶴見済(@wtsurumi)「『無銭経済宣言』を訳した吉田奈緒子さんの選ぶ「お金に人生を明け渡したくない人へ」の5冊。ボイル、スエロ、『負債論』、そして自著『脱資本主義宣言』も。「問題は、「お金がない」ことではなく~」の一文もいい。ご本人は農業もやられている。」2017年10月27日22:50:35ツイート
↓ ↓ ↓
お金に人生を明け渡したくない人へ

(2)吉田奈緒子さんによる『無銭経済宣言』の解説(訳者あとがき)
↓ ↓ ↓
『無銭経済宣言 お金を使わずに生きる方法』 - HONZ

2018-01-06

8bitnewsに「種子を巡る冒険③鶴見済さんが耕している放棄された国有地に種子をまきに出かける」という記事が掲載されています。